新型コロナウィルスが怖くて不安なので、どうすればいいか自問自答してみたメモ。

頭に手を当てている善良そうなゴリラ

7都府県に緊急事態宣言出ましたね。

この状態がいつ、どんな風に収束を迎えるのか、それは今のところ誰にも分りません。

不安な気持ちが湧いてきますが、おろおろしていても誰の得にもなりません。

では、何かできることがあるんだろうか?

情報や頭や心を整理して、
地に足をつけて前に進むために記事を書きました。

同じように不安な気持ちを抱えている方のお役に立てたら幸いです。

 

紫色の小さな花

 

状況も情報も日々変化しています。
その時の状況に合わせてご自分で確認して判断なさってくださいね。

 

基本のスタンス

まず今回のできごとにどう向き合うか、基本のスタンスを定めることにしました。

「夜と霧」

アウシュビッツでの実際の経験をもとに書かれた本です。著者はユダヤ人、精神科医をしていました。ちょっとした判断の違いが生死を分ける環境、自分の力ではどうにもできない状況の中でどう生きていくかを書いています。

この本の中にこんな描写があります。「変えられることは変える努力をし、変えられないことは受け入れる」。

コロナウィルス流行による環境の変化は、自分にはどうしようもないこととして受け入れることにしました。

 

情報源をしぼる

むやみに情報をあさると疲れるだけなので、信頼できるところをメインに、ほかはときどきのぞく程度にします。

メインの情報源

もっといいところがあるかもしれませんが、ひとまずここにします。情報が網羅されてるし、バランスがよく、穏やか。けっこう最新。
新型コロナウィルス感染症まとめ(Yahoo! JAPAN)

コロナ以前から労働問題や生活保護などについて、労働者や弱者の側から発信されている方。生活保障系の情報は自分からとりに行かないと知らないことたくさんあるから。(共感力強めの方は困難と闘ってる方のツイートを見過ぎると疲労するので注意)
藤田孝典さん(Twitter)

 

現在地を確認

今の私の状況

独身ひとり暮らし。貯金あまりない。
実家は電車で30分の距離にあるけど高齢の家族がいるので頼る予定なし。

会社→物流系。仕事は事務方。リモートは不可能。たぶん休業はない。収入の4分の3。
バイト→飲食。シフトが減っている。場合によっては休業するかも??。収入の4分の1。

最悪の状況とは?

最悪の状況を定義してみます。

・店舗休業などで働けず収入減。
・感染して数週間働けず収入減。
・家族や自分が感染して重症化→死亡。
・実家の家族が感染して役割を交代するなど。

私の場合、肉体的に忙しくなるのはいいんですが、お金の心配があったり家族のことで心がすり減るのがいやだなと思っています。

最良の状況とは?

最良の状況を定義してみます。

・まずは自分が感染しない
・給付金や事業収入など、臨時収入があってお金の心配なし
・家族も感染しない、元気
・夏が来る前に流行が収まる
・この出来事を機に新たな価値観が構築される
・新しいことや新しい環境に挑戦する勇気が湧く

健康でお金の心配がなくて家族も元気! それは確かに最良。笑

 

 

自分の力で変えられること、変えられないこと。

起きてしまったことは変えられないけど、これから起きることは変えられるかもしれません。

変えられること(できること)

自分の行動や思考は変えられますね。具体的には以下の通り。

・免疫力を高める
・これからの流行を抑えるための行動
・感染した際の対応を調べ準備
・家族との打ち合わせ
・社会保障など調べる
・信頼できる情報の発信

変えられないこと(できないこと)

過去のことは変えられないし、他人の反応も変えられないです(結果として変わる可能性はある)。
あとは社会の仕組みとか。変えられる可能性がゼロではないけどやるときは覚悟がいりますね。

感染しないためにできること

手洗い、うがい、よく寝る、適度な運動、適度な食事、3密を避ける。
基本的なことですがこれに尽きるようですね。
参照:新型コロナウィルス感染症まとめ・症状と対策(ヤフー公式)

感染してるかも?と思ったらどうすれば?

1.発熱(37.5度以上)などの風邪症状が見られたら、まずは安静に。学校や仕事は休み外出を控える
2.毎日体温を記録しておく
3.症状が4日以上続いたら帰国者・接触者相談センターに相談
4.妊婦さん、基礎疾患のある方は2日以上続いたら相談
5.強いだるさや息苦しさのある方はすぐ相談

出典:新型コロナウィルス感染症についての相談・受診の目安

そもそもコロナウィルスの症状とは?

新型コロナウイルス感染症は、風邪のような症状から始まります。発熱、咳に加え、倦怠感(けんたいかん)などが比較的多く見られます。筋肉痛、呼吸困難などがみられる場合もあります。また、 頭痛、喀痰(かくたん)、下痢などを伴う例も認められます。症状が現れない人もいます。

引用元:新型コロナウィルス、情報が届きにくい方のサポート・不安のケア

NY在住、qantaさんのnoteも大変読みごたえがありました。
症状的に見ておそらくコロナに感染されたであろう状況でしたが様々な事情から検査はされなかったそうです。
0403「NY感染体験記(未確定)」

 

 

(もう少し調べたいことがあるので、わかり次第追記します)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です