手織りの制作過程:ヘルド通し

f:id:akaritori-atelier:20240610002826j:image

ヘルドというのは写真に写っている針金のような部分のこと。
綜絖(そうこう)と言ったりもします。
写真は2枚の綜絖を使うシンプルな織り方ですが
綾織など複雑な織り方をする場合は
6枚使うこともめずらしくありません。

 

私は4枚綜絖までしか使ったことがありませんが
シンプルな2枚綜絖が好き。
織り方の変化よりも糸の色の変化が
好きだからかもしれません。
あなたはどんな布が好きですか?