髪をきれいにするためにやっていることを書き出してみたら10個もあった

たまに「髪がつやつやだね」って褒めて頂ける。
多少はお世辞もあるかもしれないけど
全くツヤがなかったら言わないだろうと思って
受け取っている。

「何かしてるの?」って聞かれると
うまく話せなくて言葉が出てこない。
語り出すと長くなるのだ。
今日は話したかったいろいろを書き出してみた。

手間は少しかかるけど
お金はそんなにかからない。
髪をきれいにしたいなぁという方は
気が向いたら試してみてね。

 

(1)1000円以上のシャンプーを使う
薬剤の種類とか細かいアレはあるけれど
おぼえるがむずかしいので見ていない。
私の基準は400mlで1000円以上するシャンプーを使うこと。
であればそんなにハズレはないと思う。
透明感のある液が良いです。

 

(2)洗う時の温度は熱すぎず
理由はおぼえていない。
ぬるま湯で洗います。
ちなみにすすぎもぬるま湯で。

 

(3)コンディショナーをつけたらとかす
コンディショナーは髪の中間から毛先につけます。
つけたら一度プラスチック製の目の粗いクシでとかします。
ムラなく行き渡らせるため。

 

(4)タオルドライはゴシゴシしない
ざっと水気をとったらあとは
タオルで髪をはさんで叩くようにして水気をとります。
濡れた髪は傷みやすいので摩擦はできるだけ避ける。

 

(5)アウトバストリートメントをつける
私が使っているのは1000円くらいのヘアミルク。
正直まだ効果はよくわからない。


(6)できるだけ早く乾かす
濡れている状態の髪は傷みやすいそう。
原則的には自然乾燥で放置するのは避けて
(くせ毛の方は自然乾燥の方がいい場合も)
お風呂からあがったらすぐタオルドライして
ドライヤーで乾かします。

 

(7)ドライヤーの風向き
ドライヤーの風の向きは根本から毛先に向かって。
キューティクルの方向に逆らわないようにするため。
ちなみに2000円くらいのドライヤーを
10年以上使っています。

 

(8)ドライヤーは冷風で仕上げる
必ず最後は冷風で仕上げます。
熱風で開いたキューティクルが冷風で閉じるため。

 

(9)つげのクシでブラッシング
ざっくりとかすのはつげのクシ。
プラスチック製のだと静電気が起きやすいため。

 

(10)豚毛のブラシでブラッシング
髪の表面を撫でるようにブラッシングすると
キューティクルが整ってツヤが増します。
髪のボリュームも抑えられる。

 

というくらいかな?
解像度上げればもっとある。
個人的に一番効果があると感じるのはドライヤー。
昔は自然乾燥派だったけど、
お風呂上がりにドライヤーをするようになって
だいぶ変わった。
その次がシャンプー。
ブラッシングも効果はあるけど
他のことをやった上でやるという感じ。

 

ひとつだけやってもあんまり効果はなくて
全部やるのがよいです。
高いシャンプー使わなくていいし
高いドライヤー使わなくていいし
高いトリートメントも使わなくていい。
お手頃価格のもので
小さな手間を惜しまない。それが大事。

 

40代 常に肌に触れる髪のコンディションがいいと小さく幸せ

f:id:akaritori-atelier:20240617104313j:image