美容室での頼み方・なりたい髪型がわからない時編

美容室にて。女の子の後ろ姿。

毛玉ちゃん

「どんな髪型にしたいか分からない」
「そもそも、どんな髪型があるのかもわからないよー」
「でもなんかいい感じにしてほしい!」

そんな悩みを解決します!
伝え方ひとつで全然仕上がりが違うので、知らないのは損ですよ~

 

この記事では美容師さんにどんなことを伝えればイメージをつかんでもらいやすいかを解説しています。
ふわっとしたイメージのままでもポイントをおさえれば満足できる髪型になりやすいです。
ぜひこの記事を読んで、ごきげんな毎日を手に入れてくださいね。

 

私は同じ美容室に10年以上通い、そこが閉店してからは5人以上いろんな美容師さんに髪を切ってもらっていました。(ほぼすべてその店のトップスタイリストさんか店長さん)地元のゆるい雰囲気の美容室から、代官山や原宿のおしゃれすぎる美容室までいろんな価値観の場所に行ってきました。

 

美容室での頼み方・なりたい髪型が分からない時編

自分のことって実はよく分からない・どんな髪型が似合う?

自分はどんな髪型になりたいのか、自分にはどんな髪型が似合うのか、日頃ファッションに興味があるわけでなければよく分からないですよね。

そんなときは思い切って美容師さんにおまかせしちゃいましょう!
詳しい解説は下記で説明しています。

 

イメージが分からなくても頼んでいい?

もちろんですよ! みんながファッションリーダーなわけじゃないですから。なりたい髪型のイメージがわかなくて当たり前です。

想像ですがむしろそういう方の方が多いのではないかな?と思います。 私の地元だけかもしれませんが、大人しい人が多くて「私はこうしたい!」って自己主張する人をあまり見かけませんので。

 

頼み方は「おまかせ」じゃダメなの?

おまかせでもいいんですよ。でもちょっとコツがあります。

ポイントは以下の通り

・美容師さんは他人です。あなたのことは分かりません。
・美容師さんが思う「かわいい」と、あなたが思う「かわいい」は違う。

その違いをいかにすり合わせていくかがポイントですね。

 

具体的にはなんて頼めばいいの? 教えて!はよ!

お待たせしました!

一番大切なのは正直でいること。
「なりたい髪型がよくわからないんです」
って伝えましょう。

へ?それだけ?って思いましたか?
だけどイメージが浮かばない時、変にかっこつけたいり知ったかぶりせず、「分からない」と伝えたときが一番スムーズに進みました。どんな美容師さんのときでも。

そのとき重要なのは、美容師さんに丸投げするのではなく、あくまで相談するというスタンス、決めるのは自分ということです。

「分からない」と伝えたうえで、
・髪型の好き嫌い
・普段どんなヘアケアをしているか
・めんどくさがり度
などを伝えましょう。

 

美容師さんは実は聞くのが上手じゃない

美容師さんは聞くのがそんなに上手ではないです。

トレンドなど、ある程度世間ウケのイイ髪型を知っていて、どんな顔にはどんな髪型が合うか知っている。でも、お客さんひとりひとりの言葉にならない要望を汲むことはそんなに上手じゃないです。(田舎も原宿も変わらず)

それは美容師さんのせいばかりでもなくて、そもそもハッキリ意志を持って伝えるお客さんも少ないんだと思う(想像ですが)

そこは納得いくまで話して、納得できたら美容師さんを信頼して任せる、ということが必要になってきます。

 

大事なお金(カット&カラーで8,000~20,000円弱)を払って、大事な時間を使う(切ってもらう時間だけじゃなく、その髪型で過ごす数カ月を考えましょう)なのに適当なオーダーをしていたら、微妙な仕上がりになるのは当然ですよね。

上手に伝えてお互いしあわせになりましょう!

 

イメージがハッキリしている時の頼み方はこちらの記事をご覧ください!
ユニークなヘアスタイルの女の子美容室で思い通りの髪型にしてもらう方法5つ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です