40代女性の…いや、今を生きるひとりの人間としての生き方を見つけたい

砂丘の上にたたずむ人

このブログをはじめる前、けっこう途方に暮れていた。

・20年積み上げてきた仕事から離れて1年が経とうとしていた
・恋人なし
・貯金なし
・若さなし
・頭脳なし
・家がボロイ
・見た目…( ・ω・ )

(あんまり自分をディスるのやめよう…精神力ゲージが下がってしまう)

いずれにしても、自分が持っていないものを数え上げて私は途方に暮れていた。

 

 

なんでそんな自分いじめをしていたのか?

なんでそんなにないものばかり数えて自分をいじめていたのか。

何せ私はその時38歳だった。(今も@2020年4月)。あと2年弱で40歳になるのにバリキャリどころか普通のOLですらないし、主婦でも、学生でもない。「私は一体これからどう生きていったらいいんだろう???」と思っていた。

10代や20代の頃みたいな、がむしゃらにがんばる!みたいな動き方はもうできないし「今までと同じことしてるなら成長がないな」と思っていた。

「30代には30代の生き方が、40代には40代の生き方があるはずだ」

「若い時のどんどん発展していくような成長の仕方じゃない何かを見つけたい」

自分にないものを確認することは、今の自分を認めて前進するために必要だったのだ。

 

「まだ間に合う」「○○しておけばよかった」
「○○才なのに○○才に見える」「終活をはじめよう」

「40代 女 生き方」で検索すると出てくるサイトの言葉たち。
違うんだよな。求めてるのはこういうのじゃないんだ。

まだ間に合うって、間に合ってるようで間に合ってない感。あおられてる感。

○○しておけばよかったっていうのは年齢関係ない。

若く見えたら嬉しいけど、若さにのみ価値を置く生き方は卒業させてほしい。

終活はね、個人的には物心ついたらやりはじめてもいいと思ってる。
30代半ばの頃にはもうエンディングノート(自分が死んだらこうしてほしいという希望を書き込めるノート)が家にあった。

 

(↓本屋さんにあったエンディングノート系で一番安いの買った!)

 

自分で探したい、自分で見つけたい

間違えてもいい。失敗してもいい。失敗の中から学ぶ。

 

 

ブログをはじめてから得たもの

ブログをはじめてから得たものは、目標。日課。
100日毎日更新していたら毎日何があっても意識がそこに戻る。
そうすることで落ち着く。

うまく書けない日もある。書けた!と思っても全然読まれなかったり。他人のPVと比べてしょぼすぎて落ち込んだり。

だけどそこからはじまるんだなと思ってる。

うまくいくことばかり求めていたら、その場所から一歩も動けなくなってしまう。

 

 

ひとりの人間としての生き方を見つけるには

これかな、と思うものをやってみること。
違うなと思ったらやめればいいし、楽しかったら続ければいい。

定期的に振り返りをすること。
人生ってあっという間に過ぎてしまう。夢中になってやってるうちに10年20年過ぎちゃうの。

 

今のところ、こんな感じだろうか。

「40代 女 生き方」の検索で出てきた結果達の、なんとも言えない空気を変えたい。

もっと自然でのびのびして自由でいたい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です